Lamp Guards

最近、仕事が忙しく、HDカーショップ「Bellis」に顔を出せていなかった。
ここのブログ担当者として、これはいかんと思いBellisに遊びに行ってきたのですが、、、

逆に貰って帰ってきたのが、このランプガード。
「一体、何をしに行ってきたのか!」と言いたくなる厚かましさだ。

 

何はともあれ、早速取り付けを。

私は車のボディに「穴」を開ける場合はマキタのドライバードリルの18Vを使っています。

いきなり開けるのではなく、ペンで印を付けた位置にポンチで凹みを作り、3mmのドリルで貫通手前までガイドを作ります。次に狙うサイズで本開けします。こうすることで、ドリルのブレが無くなります。目標の穴が大きい場合は、中間穴を設けても良いかもしれません。

*今回は5Mのネジを使います。
5M用のエビナットの下穴は7.1mmになります。ですので、最終の穴サイズは7.1mmになります。少し心配だったので、3mmの次に中間穴として5.5mmでガイドを作りました。(5.5mmは5Mネジがジャストくらいのサイズ)

  • この時に鉄鋼用のオイルを使用するのを忘れずに!
  • ドリルは「月光」がオススメです!

 

次に、ネジの受け皿となる「ネジ穴」を取り付けるのですが、私は「LOBTEX社」の「ハンドナッター」(右写真)を使用しているので「エビナット」を使うことになります。

  • ナッターでカシメる前に、やっておく重要工程があります。それは、板厚の計測。必ず「キャリパーゲージ」を使用して、正確な板厚を図っておくこと。この板厚に基づいて、ナッターのセッティングを行います。

あとは、握力でカシメるだけです。これでネジ穴の完成です。

*エビナットには、スチール、アルミ、ステンレスの3種類があります。
「異種金属接触腐食」を避けるためのエビナットを選択する必要があります。
そのためには、穴を開ける部分の金属の材質を調べた方が良いと思います。Defenderは年式によって、またはボディの箇所によって材質が異なります。私のはアルミですが、磁石を使って調べた方がいいかもしれません。

IMG_3372

煮詰まる仕事の合間に、いい気分転換です。

 

只今、Bellisには 2015年製 LR Defender 90 Pic Up のブラックが入荷しています!
この年式はDefenderの最終形です。
ショートボディのピックアップ。かなりマニアックな車両です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中