2018 春夏 に向けて。

2018年 春夏 のラインナップはこれで全て揃いました。

こうして見ると「ベージュ」「カーキ」に集約(一部、ホワイトやインディゴはあるものの)されたコレクションです。

ベージュやカーキは「大地や木々の色」です。
他にも空や海、川といった「水の色」など、それらが織りなす美しい自然界の色を「アースカラー」といいます。

 

今回、アースカラーの中でも「大地や木々の色」に集約したのは、TAKE & SONSが「大地に根ざした活動着であるということ」を強調したかったからです。

根幹にある「Heavy Dutyな世界観」と現代との接点はコーディネートで表現されます。
今季、それは「渓流スタイル」に集約されています。

IMG_3640IMG_3646IMG_3647

このスタイルは「ウェットゲーター」での上半身を想定していますが、キャンプでも活躍できると思います。
また、ジャケットと合わせて、ファッションとして街でもご着用いただけるものだと思います。それこそが根幹にある「Heavy Dutyな世界観と現代との接点」なのであります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中