ふき味噌

山帰りの友人からのいただき物。

「ふきのとう」は本来であれば天ぷらが美味しいに違いない、、、しかし、作るのが手間といえば手間である。

「そうだ、ふき味噌を作ろう!」

IMG_2462

①よく水洗いをしてから、3〜4分茹でる。水分はキッチンペーパーなどで取り除きます。

IMG_2460

②適当な大きさに刻んで、下準備は完了。

IMG_2457

③油をひいたフライパンで炒めます。

IMG_2454

④砂糖+みりん+料理酒+味噌を適量入れます。
焦げやすいので、弱火〜中火程度でかき混ぜながら、水分を飛ばしていきますが、私は適度に水分は残しておくのが好きです。

IMG_2453

⑤そして最後にバルサミコを少量入れます。
これは完全にオリジナルかもしれませんが、味がふくよかになります。
馴染ませてから火を止めます。

IMG_2452

⑥ふき味噌の完成。
ご飯のお供にいいですね。

 

春の季節を表現する山菜として「ふきのとう」は日本料理に欠かせません。
冬眠から覚めた熊が初めに食べるといわれる「ふきのとう」は、キク科フキ属の多年草で、日本原産の山菜です。

独特の苦味が特徴ですが、古来よりこの「苦味」を楽しむ山菜だそうです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中