Military Snow Cowl

Heater Intake用のカバーを探す必要がありました。

DEFENDERのウィングトップにあるヒーター用の吸気口にはメッシュが付けられていますが、何故かメッシュの目は空を見上げて付けられている。

なので、降りつける雨水は当然のごとく入り込みますが、排出口からちゃんと排水される仕組みになっている。
問題は排出口を塞ぐ可能性がある落ち葉や泥の類の侵入だ。あとは、製品の名前にもなっている降雪によって吸気口を塞がないこと。

排出口が詰まることで、ヒーター内部に水分が侵入した場合、ちょっとした惨事が訪れることになる。

 

そんな訳で探していたところ、軍に採用されているMilitary Snow Cowlを発見。
商品説明には「Heavy Duty」の文字が。これをイギリス人に言われては購入しないわけにいきません。
ただし注文を付けました。「Matte Blackに塗装してくれ」と。

img_1255

かなり埃で汚れていますが、ウィングにこんな具合で装着されています。
これもまた無骨なアイテムですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中