Panama Homburg Hut

そろそろパナマでしょうか。

IMG_0438

これは愛用のPanama Homburg Hutです。
Homburgは写真のようにクラウンにセンタークリース。ブリムエッジをシルクリボンで巻き上げている独特なフォルムが特徴です。以前の投稿『Homburg Hut』に引き続き、またHomburgとは、、、意識はなかったのですが、私はきっとコレが好きなんでしょう、、、

そんなHomburg Hutは本来、男性の正礼装に用いられ、Silk Hutについでドレッシーな帽子とされていますが、このようにパナマになるとまた違って見えますね。

パナマは一般的にエクアドルなどの南米原産ですが、これはアジア原産のオリエンタルパナマを編んでいます。エクアドルパナマに比べて繊維にムラがあり、ナチュラルな色ムラを生かした落ち着きのある佇まいが特徴ですね。
エクアドルのモンテクリスティなどのきめ細かく、白度の高いパナマ素材を使用せずに、このように仕上げるのはさすがBorsalinoです。リボンカラーも爽やかです。

IMG_0431

Borsalino
極上のハットをあなたの頭上に」
1857年にイタリアはアレッサンドリアにて創業。芸術的帽子職人だけを集めて工房を設立したと言われています。現在もなお、今世紀初頭の機会と木型を使用し、職人の手作業によって制作される帽子はイタリアンエレガンスの象徴とされています。

イギリスハットと違って、イタリアハットはソフトですね。
そしてカラー、シルエット共に、さすがイタリア男って感じで、エレガントに決まります。
パナマハットをスタイリングアクセントにどうでしょうか?

こんな箱に入っているので、私のように収集癖のある方は収納にご苦労されていることとお察しいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中