Cherry blossoms have started blooming!

東京でも桜が咲き始めました。

不思議なんですが、桜は観る年によって印象が違うんです。
ある年は楽しく、ある年は切なく、、、といった具合に。

 

日本には四季折々の美しさがあり、移ろいゆく風景の儚さに美意識を感じるのが日本人なのだそうです。
仏教に「無常観」というものがありますが、これは「移り変わるもの」を表します。
桜は正に「無常の美」ですね。

SAKURA

『散る桜 残る桜も 散る桜』 良寛 作

太平洋戦争期の特攻隊の心情になぞられた歌。

今を生きる我々にとって、桜は『お花見』で楽しむもの。
美しく、開放的であるのと同時に、切なく寂しいものの象徴でもあります。
この多様性が桜の魅力なのでしょう。

 

皆様は今年の桜を観て、何を感じるでしょうか??

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中