そろそろTagを

作らなければなりません。
普通のブランドはネーム屋さんで作ってもらいますが、私のように駆け出しのブランドはロット負けしてしまいます、、、なので、例にならって自作です。

タグを作るにあたり、幾つかのイメージに合う材質を試してみたところ、和紙がいいかと。
油絵で使うキャンバスも良かったですよ。

T & S Tag

東京は日本橋の『小津和紙』さんにて購入しました。
小津和紙さんは1653年創業。去る2013年に創業360周年を迎えた老舗和紙店です。
私は和紙関係で戸惑ったら迷わずここに行きます!

「いちまいすきめいし」と私は読んでいますが、合っているのでしょうか??

T & S Tag

“名刺”とありますが、厳密には一般的な名刺より少し大きいです。それは通常は切り落とされているエッジ部分がカットされていない為だと思われます。
これを『耳付き』と呼び、和紙の味わいを大きく演出してくれます。カラーも“未晒し”を選びました。

晒しをしていない自然な色味と耳付き和紙の雰囲気がたまりません。タグに使っては申し訳ないのかも、、、

T & S Tag

以前の投稿『BRAND NAMEは、』で登場した築地活字さんの活字ホルダー「MODERNE-2」を使用してスタンプを行い、水で軽く揉み込むことでクラッシュ感を作り、アイレットを開け、麻紐を通せば完成です!

鳥取県は因州和紙の風合いを活かしたタグの完成です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中