SELVEDGE DENIM

TAKE & SONS のデニムは程よいヴィンテージ感を出したい。
過度ではなく、あくまでも程よくいきたい。

そのためには、デニム製品の醍醐味である“加工”によるアジの出し方、まずは生地の設計が重要になります。
使用する糸は1本の糸に太い部分と細い部分をランダムに施した“ムラ糸”を使用しています。紡績技術が発達する以前は自然的に発生していたこの糸の再現こそ、今日の画期的紡績技術の一つと言えます。この糸をタテ糸に使用することで生み出される“タテ落ち”と呼ばれるタテ方向の色の落ち感は近年になり、アジわいとして評価されています。
面白いものですね。均一な糸が引ける時代になって、ムラ糸が評価されるなんて。
レコードなんかも同じですかね、、、と考えると、時代を超えて通用するモノは存在しますし、消費の時代だからこそ、本物を見極めたいものです。

生地は完成するまでに分業されているのが一般的です。
まずは、広島県にてインディゴ染料でロープ染めしています。ロープ染めはインディゴ染料が糸の芯まで染まらないのでデニムならではの深い色落ちの要因になるのです。
そして、機屋(はたや)さんは岡山県。ここはご存知の通り「デニムの聖地」ですね。ここまでくると拘り通すしかありません、、、シャトル織機で織り上げます。
シャトル織機は旧式織機で、基本的には人間が手足を使って織るのと同じで、人の手による調整を多く必要とする為に、扱う職人さんによって織り上がりが変わるなど、手織りに近い生地が得られます。
旧式に対して革新と呼ばれる織機はケタ違いの生産効率を誇りますが、私が使用する太い糸は使えず、アジわいを重視する場合は、国内に現存するわずかなシャトル織機に頼らなければならないのです。

シャトル織機で、ゆっくり時間をかけて織られたデニムは、かさ高があって、表面の凹凸が残り、良いムラができる。
これを持って児島の工場さんに行くのが楽しみです。来年でしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中