HARRIS TWEED

先日のブログ『(株)ホワイト』のアイキャッチ画像を改めて見直したところ、Harris Tweedのネームがしっかりと写っていたのに気が付きました。
これはさすがに有名なファブリックなので、もうご存知だろうと。ブログに改めて載せることはないかと思っていたのですが、しっかり中央に鎮座する様を見て、書かなあかん、、、と思った次第です。

Harris Tweedはご存知の通り英国王室御用達のツイードです。そして去る2011年に100周年を迎えた老舗ですね。しかしこれは、ネーム中央のマークになっている「オーブの商標」を使用してから100年ということなので、原型はさらに50〜60年前に遡ると言われています。

使用される羊毛はスコットランドのアウターヘブリデス島、ハリス島、ルイス島で有機飼育された羊毛を使用し、その島民によって手作業で染色し紡がれ、織られていること。
最後に、染色具合、羊毛の密度、重さ、などハリスツイード協会が定めた厳格な基準をクリアしたもののみに「オーブの商標」が与えられ、ハリスツイードになるわけです。

シーズンムードを一気に盛り上げてくれる独特の風合いは、素朴さとラギットな男の風格を感じさせます。
その訳は、ハリスツイードは短繊維を使用して織られた、ざっくりとした紡毛織物です。所々表面に見える白い毛が特徴で、これをケンプと呼びます。ケンプは羊毛の死毛で、太く、短くて硬い特徴があります。これが味わいを出すのに一役買っているのです。

16AWのTAKE & SONSでは、
『COMBI LOGGER COAT』
『TWEED HOODED LOGGER JACKET』
『TWEED WOODSMAN COAT』
『TWEED NORFOLK JACKET』
に使用させていただく素材になります。私の規模ではメイン級です!

この素材に失礼のない商品を創らなければならない。と強く思うわけです。そして、ハリスツイードの価値を下げることのない商品を、伝統の火を絶やしてはならない、と多くのユーザーの一員として思うのです。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中