(株)日本ホームスパン

「実は以前から気になっていたんです、、、」

そう問いかけたのは前回『東和プラム』さんにお伺いしたときだ。
以前から気になっていた敷地の奥にある建物。
あそこは何なんだろう??

H工場長にご紹介いただき行ってきました。日本ホームスパンさんに。
アイキャッチ画像をみてください!
私は初めて見ました、、、手織りを、、、
そこには、職人の手紡ぎ手織りならではの風合いと品格があります。

奥には機械もありますが、旧式のシャトル織機を改良し、ゆっくり織ることで手紡ぎ、手織りの風合いを再現する拘りです。

(株)日本ホームスパン

染色、縦糸の整経から全てを自社で行い、織られた生地は「世界を舞台にホームスパンの未来を切り開く」という同社のポリシーどおりで、ただただ感動しました。

(株)日本ホームスパン

この糸、麻の一種でネパールのものらしいのですが、こんなもの見たことがありません、、、リボンを織り込んだ生地も、、、

ふと棚に目をやると、そこにはCHANELのファイルがずらり、、、どうりで。
90年代の記憶が蘇る。パリで修業中の身だった私(当時はレディースでした)にとってCHANELが憧れだったことを、、、

いつかは、TAKE & SONSの生地もお願いしたいものです。

 

*この記事は、(株)日本ホームスパンさまの許可を得て掲載させていただいております。
当ブログの無断転載はご遠慮ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中